Just another WordPress site

できなくて当たり前

世の中には色々なことを器用にこなしていける人もいれば、不器用な人もいます。
物事が上手くいっている時はいいですが、いざ壁にぶつかったりすると
「自分って不器用だから、中々できる人のようにはいかないな…」
と思って自信を無くしてしまう人もいます。

でも想像してみて下さい。
最初から全て上手くできる人がいるのでしょうか?
そんな人はいません。

人間は最初からは話すことはできませんし、立てませんし、歩けません。
自転車や車の運転だって、最初から上手くできる人はいません。
それでも多くの人はそれらを問題なくできるようになっています。

もちろん、育ってきた環境や教育などによっては早い段階でできるようになる人はいるでしょう。ただほとんどの場合、それは地道な努力によるものです。
ですから、壁にぶつかったとしても大丈夫です。
「私には、この壁は越えられない」
ではなく
「この壁を越えようとする機会は成長のチャンス」
と捉えましょう。
そうした積み重ねによって、“できない”が“できる”に変わっていきます